京都市南部の伏見区観月橋寄りに、1966年(昭和41年)に救急病院として設立しました。
  20床の診療所からスタートし、現在では168床の入院設備を備えた病院になりました。
  ”いつでも、誰でも最高の医療” をうけられる病院をモットーとして、地域住民に信頼され、
  地域に必要とされる病院となるよう、職員一同、頑張っております。

  診療科も、内科系(内科、循環器科、消化器科、神経内科、呼吸器科)外科系(外科、脳神経
  外科、整形外科、皮膚科)、放射線科、眼科、リハビリテーション科のそれぞれ担当医師を揃
  え、毎日の治療にあたっております。
  深夜の救急外来、入院患者に対する、当直医師も、内科医、外科医を勤務に充て、救急時にお
  ける応援体制も十分であり、高度医療に必要な医療機器も、すべて近代化しております。
  大島病院の病院経営の基軸は、急性期医療においておりますが、病診連携の一環として、開放
  型病床を整え、地域の各診療所の主治医の病床利用、診療に役立てるように努めております。
  
  訪問診療部では、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリテーションも実施し、在宅の寝たきりの
  お年寄り患者さんへの対応を行っております。
  さらに、病院は医療だけでなく、社会福祉の役割も担わないといけないと考え、病院内にソー
  シャルワーカーを配置し、在宅、入院相談について患者様、ご家族の方のあらゆる相談に応じ
  たいと努力しております。